個人的ニュース

アーモンドの健康効果、勉強への活かし方

アーモンドを食べて学習効果UP

アーモンドとは?

アーモンドはイランとその周辺国を原産とするバラ科サクラ属(スモモ属とする国もある)の木の実です。桃、桜等の近縁種であり、世界的に人気のある食材で高い健康効果があることが知られています。(アメリカ・カリフォルニアが最大の生産地)

アーモンドの主成分

アーモンドは水分4%、炭水化物22%(食物繊維)、タンパク質21%、植物性脂質50%となっています。適量の食事で1日に必要なビタミンB、Eやカルシウム、銅、鉄、マグネシウムの20%を補うことができます。アーモンドは1粒/1gramほどで、6~7キロカロリーあります。つまり、100gramで600~700キロカロリーになります。

※多量の脂質を含んでいることから90年代は健康的でないという考え方があったようですが、研究の結果脂質が人の健康にポジティブな影響をもたらすことが分かっています。

アーモンドの効果

アーモンドは良質な資質や食物繊維等を含んでいることから以下のような健康面でのメリットがあります。

  1. 脳の認知機能を保つ
  2. 病気のリスク対策になる
  3. 美容効果がある

効果1/脳の認知機能を保つ

世界的にアーモンドがスーパーフートと呼ばれるゆえんの1つにアーモンドがもたらす脳への健康効果があげられます。アーモンドに含まれるビタミンE、オメガ3は認知力の衰えを防いだり、記憶力を強化したりする効果があります。

効果2/病気のリスク対策になる

アーモンドに含まれる良質な資質は心臓病のリスクを軽減することや血中内のコレステロール値を改善する効果があることが知られています。一方動物性の脂質は植物性のものと異なり、一定のリスクがあるそうです。

効果3/美容効果がある

アーモンドに含まれる食物繊維はダイエットに効果を発揮します。研究によると、アーモンドを食べてダイエットをしたグループとそうでないグループとでは大きな差があるようです。また、ビタミンEの抗酸化効果により、日焼けの症状を軽減したり、肌の老化を防いだり効果があります。ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、カリウムはテストステロンの生成に必要なことから30歳を超えた男性にとっては必須の食材ともいえるかもしれません。

1日に何粒のアーモンドを食べるべきか

日本のインターネット記事を読んでいると25粒程度が良いとされていますが、英語サイトでは8~10粒程度が良いとされています。食事の際は25~40回ほどかんで食べると栄養を吸収しやすいそうです。

アーモンドを勉強に活用しよう

アーモンドには様々な効果がありますが、勉強にも欠かせない食材だと思います。脳機能全体の改善が期待できる食材として1日の食事の中に取り入れてみると、勉強効率が変わるかもしれません。個人的な感想ですが、アーモンドを取り入れた食事を継続していると、頭がクリアになる気がします。日中ボーっとすることも少なくなったと思いますので、同様の悩みを抱えている人もぜひ取り入れてみてくださいね。

アーモンドはネットで購入するかドラッグストアで購入するかがオススメです。基本高くなりやすいので💦

参照

https://www.bbc.com/news/magazine-26118225

https://www.foxnews.com/health/the-health-benefits-of-almonds

    -個人的ニュース
    -, , , ,

    Copyright© M!TSU eigo blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.