子音の区別がつくとリスニング力は向上する

英語が聞き取れないのはあなたの耳が悪いからではない 効果的な英語学習
英語が聞き取れないのはあなたの耳が悪いからではない

英語のリスニングに悩んでいるあなたのために、リスニング力を向上させるための記事を作りました参考にしてみてください。この記事を読んで参考になったという人はお友達にも教えてあげてくださいね!

日本人がリスニングできないのはなぜ?

日本人が英語を聞き取れないのは「日本語の音」に慣れすぎているためです。どういうことかと言うと、日本人はあいうえおの母音とそれ以外の音(子音+母音の組み合わせ)に慣れすぎていて、脳が子音(英語の音)を雑音として認識してしまっています。これにより、英語のリスニングが難しくなっているのです。

子音を聞き取るには?

脳が子音(英語の音)を雑音として認識してしまうのであれば、どうしようもないじゃないか?と思うかもしれませんが、安心してください。キチンとした方法で学習することにより、子音は聞き取れるようになります。

では実際どのようにすれば、子音(英語の音)が聞き取れるようになるのかという事ですが、番良い方法はネイティブが解説する発音動画をYouTubeで繰り返し見て発音をマスターすることです。なぜ聞き取りの対策のはずなのに、発音をマスターするのかということですが、理由は脳の性質にあります。脳は自分が発声できない音は基本的に聞き取れないようになっています。そのため、リスニング対策には発音対策が必要なのです。

※YouTube動画は字幕を付けることができるので、いきなり、ネイティブの発音動画をみるのは少し難しそうと思う人は、まず字幕を付けてみましょう。(YouTube字幕設定について

発音対策といえば、多くの人は自分の苦手とするRやTHの対策を重点的に行うと思います。もちろん、自分の苦手とする発音を練習することは大切なのですが、そのほかのアルファベットの発音にもフォーカスを当てましょう。例えば、B, C, D, F, G, Hなどです。これらのアルファベットはよく見るので馴染みがあると思いますが、実はB, C, Dなどの発音さえもできていない人は多いです。そのため、再度基礎を固めなおす意味でも、アルファベットの音に関してはできる限り、全ての音を学びなおすようにしましょう。(Phonicsを検索に含めてもいいかも)

このようにして子音の発音練習をしていくと、T, L, R, W, TH, SHなどの子音をある程度認識できるようになってきます。ある程度認識できるようになったら、次のステップに移ります。

英語聞取り時に子音を意識する

子音の音がある程度聞き取れるようになってきたら、よりリスニングの精度を上げるための練習を行っていきます。その練習とは、洋画またはYouTubeなどでネイティブの英語を聞く際に、子音を意識しながら聞き取っていく練習です。もう少し詳しく説明すると、ネイティブが発音した単語1つひとつに何の音が含まれているのかを意識して聞くようにしていきます。例えば、単語にThが含まれていたなとか、Shが含まれていたとか、これはWの音があるな、BじゃなくてVの発音だな、というふうに子音をしっかり意識して聞き取りを行っていきます。この方法を続けると、子音の区別ができるようになってきて、最終的に英語の聞き取りができるようになります。

人により、聞き取れるようになるまでの期間は変わってくるとは思いますが、3か月ほど続けるとある程度効果は見えてくると思います。聞き取れるようになると英語学習がさらに楽しくなりますので、頑張ってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました