バンクーバーでのコロナウイルス関連のニュースと差別の現状

バンクーバー コロナウイルス感染者の 現状と差別について バンクーバーニュース
バンクーバー コロナウイルス感染者の 現状と差別について

こんにちは、Mitsuです。

最近コロナウイルス関連のニュースが続いているので、バンクーバーにおけるコロナウイルス感染者数と、アジア人差別について記事を書こうと思います。

コロナウイルス感染者数

2020年2月9日時点のBC州(バンクーバー)におけるコロナウイルス感染者は4名となっています。バンクーバー総領事館から連絡があった情報によるとこの4名は中国・武漢からの渡航者とのことです。今のところ、感染者数は限られていることから、バンクーバーでのコロナウイルスの蔓延リスクはそこまで大きくないように思います。

バンクーバー総領事館のメール内容

先日バンクーバー総領事館からコロナウイルスに関しての通達があった内容は以下のとおりです。


 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州政府は,新型コロナウイルスに感染したと推定される患者が新たに2名発生した旨発表しました(これによりBC州内の患者数の合計は4名)。手洗いなどの感染症対策をとるとともに,州政府及び各保健局の最新情報を収集するなどして,感染予防に引き続き努めてください。

1 6日,BC州政府は新型コロナウイルスに感染したと推定される患者が新たに2名発生した旨発表しました(これによりBC州内の患者数の合計は4名)。BC州保健省によれば,2名は中国・武漢から来た30代の男女(一家族)とのことです。

2 BC疾病管理センターによれば,新型コロナウイルスの典型的症状として「熱,咳,息切れ」などが挙げられています。これらの症状があり,感染が疑われる場合は早めに医療機関を受診してください。 

3 季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの感染症対策をとるとともに,州政府及び各保健局の最新情報を収集するなどして,感染予防に引き続き努めてください。 

総領事館注意喚起

アジア人差別はあるのか?

今のところ、目立った差別等はありません。ヨーロッパ圏ではアジア人差別がみられる地域もあるようですが、バンクーバーでは皆さん普通に生活しています。バンクーバーの人は基本的にマスクを付けないので、マスクをつけている人を見ると、病気にかかっているのではないかという先入観から、避けて通られるということはあるかもしれませんが、それはマスクを着用する文化に慣れていないことから起こっているものです。基本的にアジア人に向かって罵倒したり、殴りかかってきたりということはありません。

バンクーバーは移民の都市であるため、人種的差別を行う者はレイシストとして常識のない人間として扱われるようになります。そのため、多くの人は心の中でアジア人はコロナウイルスを持っているかもしれないと思っていても、口に出したり、行動に移したりすることはありません。

但し、若年層やホームレスは情報弱者である可能性が非常に高く、モラルが無い人もいます。そのため、一概に差別が全く無いとは言い切れませんが、たとえ、そのような人たちが何か言ってきたとしても相手にしてはいけません。

コロナウイルスの予防

基本的なことにはなりますが、洗顔、手洗い、うがいを徹底しましょう。外出先では様々な菌を持ち帰ってしまう可能性があります。少しでも感染のリスクを減らすために基本の予防対策を行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました