直ぐに分かるContactとContact withの違い

ContactとContact withの違い 英語表現
ContactとContact withの違い

こちらではContactとContact withの違いについて解説します。

ContactとContact withの違い

ContactとContact withの大きな違い、それは動詞として使われているか名詞として使われているかの違いです。

基本的には以下の2つの例文を覚えておけば、ContactとContact withの違いはマスターできます。

  1. I had a contact with him.(Contactが名詞の場合)
  2. I contacted him.(Contactが動詞の場合)

つまり、Contactが名詞となる状況ならばwithが必要で、Contactを動詞として使う場合はwithが不要なのです。

Contactが名詞になるかどうかはその直前の動詞で判断できたりします。

例えば、上記例文を見てみると、Haveの後にContactが来ています。動詞としてのHaveの後には、必ず名詞が来るので、1の例文にあるContactは名詞であることが分かります。文法としてはこのように分解して考えることができますが、一番良い覚え方はI had a contact with him.とI contacted him.を表現として覚えておくことです。そうすることにより、英会話で即座にContactを使った文を作ることができるようになります。

Contactは上記の他にも名詞になる場合はありますが、基本的には上記例文さえ知っていれば、特に覚える必要はありません。

Contactの意味(動詞)

個人的に英単語はイメージ記憶か英語で覚えてほしいので、先にContactの意味を英語で示します。

Communicate with (someone), typically in order to give or receive specific information.

(つまり、Contactとは情報を得るまたは伝えるために(人)とコミュニケーションをとることです。)

名詞はContactをとることで事足りるので、解説はしません。
これでContactの使い方をマスターできましたね!
ぜひ英会話に活かしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました