英語初心者を育てる!/第1回アルファベットについて

アルファベットについて 効果的な英語学習
アルファベットについて

英語初心者を育てる!/第1回アルファベットについて

英語のブログを立ち上げるに際して、英語初心者の方を育てる思いを持って取り組んでいくことにしました。

せっかくやるのであれば、私の持っている知識をフル動員して皆さんの英語学習に役立てて頂こうと思っているので、わかりにくい文法の解説や単語の覚え方、豆知識までできる限り、語っていきたいと思います。

ですが、その前に、1つ皆さんにお願いがあります。

それは、できるだけ私の伝える学習方法に沿って勉強を行ってほしいのです。というのも、私は英語学習を10年以上行ってきたうえで、見つけてきた効率の良い学習方法をご紹介していくことになります。その学習方法はしっかり、効果を出すことができますが、はやり、継続が必要です。

やりかたが斬新であるとか、本当に効果がでるのかが分からないから途中でやめてしまうのはすごくもったいないです。

私自身の経験をもってしかお話はできませんが、これから話す方法を実践して頂ければ、私と同じようにTOEIC870点を取る実力と海外の大学に通う実力、働く力も持つことができると強く信じています。

私も以前は皆さんのように英語を学習する者の一人でした。同じように参考書を買い求め、インターネットを検索してきました。いわば、英語学習の先輩であり、効率的な学習方法を見出すことができた中の一人なのです。

英語の学習には時間も必要ですし、参考書を買うにはお金も必要です。

ですが、私が伝えていく内容にはお金のかかるものは基本的にありません。

なので、安心してついて付いて来てくれたらと思います。

前置きが長くなりましたが、さっそくアルファベットの話について語っていきたいと思います。

アルファベットについて

このブログでは私は英語学習者を1から育てたいという思いを持って作成してありますので、もちろん初歩の初歩であるアルファベットからお話を進めさせていただきます。

実をいうと、日本人の多くの英語学習者は英語学習の基礎中の基礎であるアルファベットを理解していません。そのため、英語資格でいくらすごい点数を持っている人でもネイティブとの会話ができない人が多いのです。

理由は明白で、音を正しく学んでいないからに尽きます。

英語のアルファベットはA, B, C, D, E, F, Gと続いていますが、その音はというとエー、ビー、シー、ディーではありません。エー、ビー、シー、ディーのカタカナで学んだ発音全てカタカナ英語です。音は全くの別物と考えたほうが良いです。英語を学ぶ上で重要なことはアルファベットの音を一音ずつ英語の発音で発生できることになることなのです。

では具体的にどのように学んでいくのか、それはフォニックスを学んでください。

フォニックスとは

フォニックスとは音と綴りの関係性を学ぶ方法です。フォニックスの学習というのはYouTubeを検索すると山のように良質な動画がでてきます。下のYouTubeの人がいいことを言っていたので、リンクを張っておきます。

フォニックスを始めても99%の日本人の英語の発音が上達しない理由

上のYouTubeでも紹介があったように日本語の教材はあてになりません。そのため、フォニックスについて調べるのであれば、英語で検索するしかありません。

簡単に使えそうなYouTubeリンクとアプリのリンクを張っておきますね。

Phonics Song 2

このフォニックスの勉強動画は子供向けですが、世界で6億回以上再生されているものです。英語の音一音一音に意識しながら聞き取り+自分で発声練習をしてください。

次にこちらはアプリについてです。こちらはアルファベットの音を聞き取り、その音にあった単語を選択するゲームとなっています。

‎ABC Alphabet Phonics - Preschool Game for Kids
‎Grasshopper Apps = Top Educational Apps for Kids 🙂 Warning: Your child will keep begging for your iPhone or iPad after they try this app. Photo Touch is a...

お勧めは上記で示したフォニックスを毎日10分続けてください。

フォニックスは英語の根幹となる最も重要なものです。

この基礎ができていないばかりに、大変苦労している英語資格上級者を何人も見かけます。

それと再度注意点をお伝えしますが、日本語のフォニックス教材はあてにしないでください。

発音について

次に発音についてです。

発音は上で示したフォニックスの音を真似るだけでは難しいところがあります。

そのため、これもYouTubeを参考にしてください。発音を検索するときはそれぞれのアルファベットを英語で検索しましょう。例えば、F Pronunciationと打てば、Fの発音に関しての動画が出てきます。

How to Say V and F | Pronounce V and F in English | American Accent Lesson

自分の弱点を練習する

ある程度アルファベットがどのような音か慣れてきたら、今度は自分の発音あるいは聞き取りが難しいアルファベットを徹底的に練習してください。

例えばRaとWaは音が似ることで有名です。そのため、違いを理解するためにRとWの音を何度も練習しましょう。そうすることで発音と聞き取りが伸びます。

英単語を発音してみる

英単語はアルファベットの集合体です。そのため、単語を発音するとき、聞き取るときにも一音一音しっかりと意識する必要があります。

携帯電話の音声機能を利用して練習する

Girl World Wordは日本人が発音するのを苦手とする音です。そういう音は例えばiPhoneの音声機能を利用してきちんと自分が音を発声できているのかを確かめましょう。

ネイティブのユーチューバーの発音を聞く

英語の発音は手加減なしのネイティブの英語を聞いて覚えるしかありません。なので、海外のYouTuberを一人登録してみてください。少しでも聞き取る練習をすれば、耳が慣れてきます。

継続し続ける

英語の音の認識というのは一長一短に身につくものではありません。理由は英語の音は日本語にないから音に慣れにくいのです。

よく英語と日本語の周波数が違うといいますが、子音と母音の組み合わせでできている日本語は言語として高い音があまり含まれていません。それに対して英語は子音が多く含まれるので、高い音が多く発せられるのです。

日本人が子音を意識して聞き取れるようになるにはそれなりに時間がかかります。何事も継続です。子音を意識して聞き取る訓練を継続すれば、聞き取りは間違いなく変わってきます。

それでは今日はここまで、最も基礎であるアルファベットについて詳しくなりましたか?

とても大事なので、継続してくださいね!

それと定期的に英語の学習についてアップしていくので、また読んでくれたらうれしいです。😊

コメント

  1. TOEIC 高得点でもネイティブの英語が聞き取れない理由 | mitsu.eigo.blog より:

    […] フォニックスは英語圏でよく使われている英語の学習方法です。アルファベットと音の理解を深めることにより、英語の聞き取りの他に発音も強化することができます。 […]

  2. あっと言わせる英語の聞き取りが上達するコツ/海外在住者の英語学習方法 | mitsu.eigo.blog より:

    […] のリスニング力を上げる一番効果的な方法は子音を聞き取る練習を行うことです。例えば、こちらの記事ではフォニックスについて紹介しています。フォニックスはアルファベットの音を […]

  3. […] RやL等の区別がしっかりできるようにまずはフォニックスを学びましょう。それぞれのアルファベットがどのような音をしているのかを理解するところから始めましょう。 […]

タイトルとURLをコピーしました