留学後の英語力維持方法

帰国後の英語力維持 効果的な英語学習
帰国後の英語力維持

留学によって高い英語力を身に付けた人が帰国後に困ること、それは英語力の維持ですよね。日本では英語を使う環境はほとんどないので、中々能力を維持するのが難しいですよね。今回はそんな留学帰りのあなたのために英語力を維持する方法について記事を書いていきます。

英語力を保つには英語を使うしかない

留学中に身に付けた英語力(特にスピーキング力やリスニング力、ライティング力)を維持するためには日常生活に英語を使う環境を保たなければなりません。具体的には、英語でニュースを読んだり、ラジオを聞いたり、YouTubeを見たり、英語で考えたり、情報発信したりすることです。留学前は、英語教材を使って勉強をされていた方も多いとは思いますが、基本的にそれでは留学で得た、能力を保つことは難しいです。なぜなら、基本的に英語教材での勉強は「実際的」ではないからです。英語教材というのは例えば、TOEICなど、ビジネス系の分野に絞った知識の学習となりますよね。それでは学ぶ分野がビジネスに偏ってしまい、本当に海外の人と話す時に必要な表現「日常表現」や「海外ニュース」などの「実用的」な情報が欠如してしまいます。なので、そもそもの学習方法を変えなければならないのです。

あなたの英語を使える幅は広がっています

留学によってあなたの英語力は高まり、それに伴い英語を使ってできることは大幅に広がっています。ニュースを読んだり、外国人とコミュニケーションを取ったりと、できるようになったことは様々だとは思いますが、いずれにしても今のあなたは以前のあなたとは一味違います。ここであなたの英語学習の目的を再度考えてほしいのですが、そもそもの目的はテストで良い点を取ることですか?違いますよね。英語を使って、海外の人とコミュニケーションを取ったり、海外旅行をスムーズに楽しんだりしたいからですよね。それなら尚更参考書ベースの勉強ではなく、もっと実用的な「使える英語」を学ぶ必要があるとは思いませんか?

英語は言語なので、ある程度できるようになったら、後は日本語のように「ツール」として使うべきなのです。何年もかけて身に付けた英語をただ単にTOEICで高得点を取るための物としてではなく、情報収集や情報発信、コミュニケーションのツールとして使ってみましょう。

「英語を日常生活の一部とすること」は多少面倒に感じるかもしれません。ただ、それにより、あなたの目の前に広がる世界は広がります。例えば、インターネット検索のほとんどは英語でされており、情報量は日本語のそれをはるかにしのぎます。あなたは最新の情報を手に入れることができます。そのほかにも、海外旅行で英語が使えたら、現地の情報を素早く入手することができて、より安心して楽しむことができます。一言でいえば、英語を使えるようになることは日本以外の世界をみることができるようになるのです。

結論

英語をツールとして使うことにより、「留学で得た英語力」を保つことは可能です。参考書ベースの学習は終わりにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました