オススメ!TOEIC Part 1はこう解く/TOEIC870点取得者の勉強法

TOEIC part1 TOEIC
TOEIC part1

私は2016年にTOEICで870点を取得しました。当時私が23歳だったことです。その時にTOEIC公式問題集を分析して分かった解き方のコツをまとめていきます。

こちらの記事ではTOEICとは何かというところから解説していき、その後、Part1の解き方を徹底解説していきます。

TOEICとは

試験時間について

TOEICとは日本で英語能力を示す資格として最も知名度のある試験の一つです。

こちらの試験では英語の聞き取り能力と読解能力を測ります。リスニングパートでは45分、リーディングパートでは75分の時間が設けられています。

TOEICの試験
リスニング45分
リーディング75分

試験のパートについて

そして、そのテストの問題はリスニング、リーディングごとにパートで分かれています。リスニングパートは1から4までのパートがあり、リーディングパートは5から7までのパートに別れています。各パートは数字が大きくなるほど難易度が高まります。

TOEICのパート
リスニング1から4パート
リーディング5から7パート

なぜTOEICが必要なのか

近年日本では少子化の影響からビジネスの場を日本国内だけでなく、海外にも設けています。そこで海外人材が必要となるので、英語を話す必要のない日本人もTOEICが必要なのです。また、皆さんも勉強してきたように日本では英語は全ての人が勉強する科目となっています。よって、TOEICのスコアというのは個人の能力を図る指標としても利用されているのです。だから就職活動ではTOEICのスコアは個人の能力を評価する一つの重要な指標として認識されています。

さて、それではTOEICが何なのかについて分かったと思うので、さっそくPart1の解説をしていきたいと思います。

Part1について

Part1の問題について

下の写真は日本でTOEICの試験を取り仕切っている国際ビジネスコミュニケーション協会で紹介されてある試験のサンプルです。Part1では写真に対する正しい回答選択肢A,B,C,Dの4つの中から選ぶようになります。

TOEIC Part1
TOEIC Part1

解き方1Directionは読まない

こちらのパートではまず、Directionは読まないでください。TOEICの問題形式は基本的に改訂が無い限りDirectionに変更はありません。そのため、事前にTOEICの形式になれていたら、読む必要は全くないのです。TOEICは時間勝負なところがあるため、削れるところは削っていきます。ちなみにTOEICで高得点を取得している人はDirectionを読む人はいません。

解き方2写真を観察する

Part1にあるすべての写真を観察してください。事前にどのような問題があるのかを把握することで少しだけ心の余裕ができます。それと写真を観察する際はどんな人がいるのか、お年寄りなのか若いのか、どのようなシチュエーションなのか、どこにいるのか、何をしているのかを確認してください。例えばThe old man is looking for a pair of good shoes at the shopという英文が聞こえてきたときに誰が、どのようなシチュエーションで、どこで何をしているのかを事前に理解しておけば、選択肢に迷うことはありません。

解き方3選択肢はこうして選ぶ

英語力がまだ十分に備わっていない人は選択肢で迷うことがあるかと思います。その場合、初めに選んだ選択肢を選びましょう。意外と最初に選んだ答えの方が正答率が良かったりします。もしも、リスニング中に答えが絶対これだ!というものがわかったら、直ぐにマークシートに色を塗り、次の問題を見ましょう。これにより、次の問題に対する事前準備ができ、正答率が高まります。

解き方4忘れないために指を使う

1つの問題に対して4つの選択肢を聞かなければならないので、初めの選択肢の内容を忘れてしまうことがあります。それを防ぐために少しでも気になった選択肢の横に指を置いてマークしておきましょう。選択肢に迷ったときは最初に選んだ選択肢を選んでくださいね!

マークシートの塗り方

マークシートに黒く塗る作業は意外と時間を要します。なので、試験当日は先の尖っていない鉛筆を2本以上準備してください。次にマークの方法ですが、1つの問題を解いたら、1つのマークを塗るといった形でマークしてください。

上級者向けの解き方

Part1である程度点数が取れるようになってきたら、Part1には、より時間をかけなくなります。具体的にはPart1のDirectionsが読まれる時間に写真のチャックもすることなく、Part3、Part4の問題を見始めます。事前に問題を先読みしてどんな問題がでるのかをチェックしておきます。

また、Part1-1の問題が読まれている時でも途中で回答が分かれば、直ぐにマークシートを塗り、他の選択肢は聞かずにPart3、Part4の問題を見に行きましょう。

コメント

  1. […] Part1、Part2の解き方をマスターしたら、次はPart3の解き方を見ていきましょう! […]

タイトルとURLをコピーしました