TOEIC870点取得者の英語4技能を効率よく伸ばす一日の勉強方法/海外在住者の贈る英語の学習方法

海外在住者の英語勉強法 効果的な英語学習
海外在住者の英語勉強法

私がTOEIC870点を取得したのは社会人1年目(当時23歳)の時でした。なぜ当時この点数を取得できたのか?それは適切な勉強方法を知っていたからです。私が大学生のころ、皆さんと同じようにどのように英語を勉強すれば最短で高度な英語力を身に着けることができるのかと考えていた時期がありました。その時期にはどの勉強スタイルが良いのか分からず、インターネットで見つけた勉強方法を試しては変えを繰り返していました。そんなこんなで様々な勉強方法や自身で思いついた勉強方法などを試行錯誤してきた結果、ある一定の効果がでる勉強方法を確立したのです。今回はそんな英語学習歴10年超の私が使っている勉強方法をシェアしたいと思います。

私の1日の学習スタイル

基本的に私が行っている英語の学習は以下の方法が全てです。この方法は英語4技能の能力を伸ばすのにも役に立ちますが、それ以外にも日常生活で英語を使って調べた譲歩を活かすことができます。英語は目的ではありません。あくまでツールです。使ってこそ意味のあるものだからこそ、私は以下の方法を皆さんにシェアして多くの人に英語を本当の意味で使えるようになってほしいと考えています。

フォニックス学習

ニュース

Netflix

イメージ記憶

インターネット検索

頭の中で英語を話す

日記を書く

フォニックス/英語の音について学ぶ

皆さんはフォニックス学習をご存じでしょうか?最近は日本での認知が高まっているようですが、フォニックスとはアルファベットの音の学習と言えます。なぜこの勉強が必要なのかというと、ほとんどの日本人がアルファベットの音を理解していないからです。アルファベットの音というのはあなたが思っているよりももっと複雑です。そのため、私たちが学んだ英語の音だけでは理解できないものがたくさんあります。特に英語圏に住まれた方ならわかるのですが、TOEICや英検などのテストで流れる英語の音声はとてもクリアに強調された英語なので、聞き取りが簡単です。しかし、実際のネイティブが話す英語はというとゴニョゴニョ聞こえる場合が多いのです。その主な原因は発声が異なるから。だから私はもう一度英語の音を勉強することをお勧めします。特に英語中上級者の方はこの英語の音を学んでいないと能力が頭打ちしてしまう場合が多いです。最近はアップルストアなどで良質の教材が無料で提供されていたりします。是非活用して頂けたらと思います。

ニュース/毎日記事を読む

あなたは英語を使って情報収集を行っていますか?前述しましたが、英語はツールです。使ってなんぼの世界です。そこで私が行っているのは毎日ニュースを見ること。なぜニュースを見るのかというと、ニュースは情報の宝庫でそこには英単語、文法、そのほかに海外の情報など一気にたくさんの情報を得ることができるからです。継続してニュースを読めば、理解できる英単語の数はもちろん増えますし、文法にも慣れていきます。特に速読力が身についてくるので、基礎的な英語力を高めることができます。また、英語を使って得た情報というのは、社会人であれば、営業で活用できるかもしれません。特に金融系だと投資信託等の販売で海外情報等を説明する機会に役に立つ可能性もあります。

Netflix/楽しみながら英語学習をする

Netflix見ていますか?私は2日に1回くらいは見ています。理由はリスニング力を鍛えることができるのと同時に映画を楽しめるからです。何事にも言えますが、学ぶことは楽しみながらしたほうが楽です。海外映画をみると生の英語を聞くことができます。生の英語は学んできた英語とは異なります。だからいくら英語の資格を持っていても、映画の音声を聞き取れなかったり、ネイティブの発音が聞き取れない人がたーくさんいるのです。Netflixでは字幕も付けられます。聞き取れなかったところは戻って何度も再生することで、聞き取れる量も増えてきます。

イメージ記憶

私にとってのイメージ記憶とは英単語やイディオムを画像として記憶すること。いったいどういうことかといいますと、私は初めて見た英語やイディオムを英語でGOOGLE検索します。英語でGOOGLE検索されたものは英語で意味が書かれてあるので、それを理解して、そして次に画像検索に切り替えて出た画像から英単語の意味を読み取ったり、イディオムの意味を理解します。(本当に意味の分からないものや複雑なものは初めに日本語検索して理解するのもいいかもしれません。)画像はスクリーンショットし、携帯のフォルダに保存して、定期的に見返しています。この方法のメリットは記憶に残りやすいことです。人間は視覚からの情報が9割といわれています。そのため、見たものは記憶として残りやすい性質があります。あなたにも思い返してほしいのですが、昔のことを思い出そうとすると映像が初めに出てきますよね!それは記憶と映像/画像が密接にかかわっているからなのです。この方法は記憶の定着率も良いことから、私が学生の頃には最大で1日25単語英語を覚えることができました。

インターネット検索

インターネット検索を英語で!

前述したニュース同様、私は英語を使ってインターネット検索もします。一番の理由は英語の検索によってでてくるサイトは良質なものが多いのと、日常的に英語力を鍛えられるといった多面的な効果があるからです。インターネット検索に付随してもう一つしていることが、言語設定です。設定を英語に変更することにより、日常的に目にする英語の絶対数を増やせるといった効果があります。

頭の中で英語を話す

日本人は日本に外国人が少ないという環境から、英会話の機会がどうしても少ないです。そのため、英会話教室に通っている人もいるかと思いますが、私はあまり英会話教室へ行くことはお勧めしません。なぜなら、英会話教室で話す会話は幅が広くないからです。例えば、携帯電話の充電が無いから充電器かしてくれませんか?というような表現を英会話教室で使うと思いますか?恐らく、使わないでしょう。また、もし使ったとしてもその頻度は限りなく少なく、いざ外国人に会ってそのシチュエーションになったとしてもその会話表現を使うことはできないと思います。なので、私は自分の空いた時間に頭の中で英語を話す訓練をすることをお勧めします。自分の頭の中で自分の動作、他人の描写等ができるようになれば、表現力が高まり、英会話能力は飛躍的に向上します。

日記を書く

最後に日記についてです。私は日記といっても軽いメモのようなものを英語で5行程度書くくらいなのですが、書くことによってライティングスキルが高まります。表現力を磨くトレーニングにもなるので、お勧めです。

以上が私の1日の英語の勉強方法になりますが、初めてすべての勉強方法を始めるのはなかなか骨の折れる作業になります。そのため、少しでもあなたの日常生活に生かせる!と思ったところがあれば、利用してみたらと思います。ただし、本物の英語力を持っている人は必ず裏で相当の努力をしているし、近道はありません。私自身もある一定の英語力はありますが、長年海外に住んでいる立派な日本人を見ると、私もまだまだだなと思うことも多いです。参考になればと思います。

最後に面白そうな記事があったので載せておきます。
https://www.rypeapp.com/blog/major-benefits-of-learning-english/

コメント

タイトルとURLをコピーしました