【2020年】英語初心者から上級者までバンクーバーで探せる仕事17選

英語初心者から上級者までバンクーバーで探せる仕事17選 バンクーバーニュース
英語初心者から上級者までバンクーバーで探せる仕事17選

ワーキングホリデービザでバンクーバーに滞在予定の皆さん!今回は皆さんのために、バンクーバーで見つけられる仕事を英語力順にまとめてみました。

それでは早速見ていきましょう!

英語初心者~中級者(目安TOEIC200点~650点)

日系レストラン(キッチン)

ラーメン屋キッチン

英語初心者という事でしたら、日系レストランのキッチンポジションで働くことが可能です。キッチンの経験が無くても日系飲食店は人手が欲しいので英語力が無くても採用してくれる場合が多いです。収入を得ることが最優先事項となっている人は日系レストランのキッチンポジションに応募しましょう。(まかないやチップがあります。)

日系レストランでキッチンポジションに採用されても英語力が身についてきたら、サーバーポジションに昇格できる可能性があります。ただ、そこに関してはご自身の努力次第というところはありますが(笑)ただある程度柔軟に対応してくれるケースが多いのは確かです。

ローカルレストラン(キッチン)

ローカルレストラン

英語初心者でもローカルレストランで働くことは可能です。ただし、キッチンポジションでの採用となります。キッチンポジションは基本的にお客さんと話さないので、英語力はあまり求められません。英語力よりも、その人の性格や勤務可能時間等が採用の決め手となります。日系レストランではキッチンからサーバーポジションへの昇格の可能性がありますが、ローカルレストランではかなり厳しいです。ローカルレストランの客層が現地人で尚且つバリバリの英語を話す人たちなので、英語力が十分でない留学生をまず雇用主はサーバーポジションに置きません。

お土産屋さん

お土産屋

お土産屋さんの店員は可能性があります。(お土産屋さんでは比較的英語力をおおめに見てくれます。)そもそもお土産を購入しに来る人というのは観光客と現地滞在の学生で90%以上が占められています。そのため、お客さん自身が英語を話せないという場合もあるのです。お土産屋さんの雇用主は日本人の場合もありますし、中国人、韓国人の場合もあります。いずれにしてもアジア系のオーナーが多いイメージですね。英語を使う環境はレストランの方が多いですが、お土産屋さんのメリットとしては飲食店ほど忙しくないことです。お客さんが来ない間は服を折りたたんで時間を潰したり従業員どうしで会話したりして働くなんてことも珍しくありません。

マッサージ店

マッサージ

マッサージ店での採用もある程度あります。ただし、マッサージ店は成果報酬型のところが多いです。時間内にどれくらいのお客さんを担当したかによって、報酬がきまります。時給換算ではないので、その点には注意しておきましょう。また、マッサージの経験が無くても採用はしてくれますが、ボディマッサージのような種類のマッサージ店の場合、お客さんから卑わいなことを求められる場合もあります。日本人好きの変態外国人もいるので要注意です。

ガーデニング

ガーデニング

ガーデニングスタッフは季節性の仕事と言えます。ガーデニングスタッフは生垣の手入れなどを行うスタッフなので、樹木の状況によって勤務時間が左右されます。雇用主がネイティブということも珍しくはないので、英語を話す機会はある程度あるかもしれません。

洗車

洗車

JP Canadaの求人では洗車スタッフ募集の広告をよく見かけます。洗車スタッフは他の仕事と比べると汚れるイメージと重労働感が強いので、仕事の入れ替わりが激しいのでしょう。とりあえず、仕事を見つけたいという人にはオススメですね。

英語中級者から上級者(目安TOEIC650点~750点)

ローカルカフェ(スターバックスなど)

ローカルカフェ

日本人や韓国人の人が多く採用されているカフェはスターバックスです。理由はスターバックスが多様性を大切にしている企業だからです。また、日本人や韓国人はスターバックスで働いたことのある人も多いので、その人たちは経験を見込まれて採用されるということもあるようです。スターバックスでは店員はコーヒーを自由に飲めたり、売れ残りのサンドイッチなどを持ち帰れるということもあるようですが、一方で仕事が忙しい、厳しいという話もあったりします。

他のローカルカフェでも仕事を得ている人は複数名います。スターバックスほどお客さんが来ない、お店だったりしたら、割と仕事は見つかりやすいです。

アパレルセールス

アパレルセールス

アパレル系の仕事はお客さんにセールスしないといけないので、ある程度英語力が必要になってきます。英語で商品を説明できるレベルの能力があれば、ぜひチャレンジしてみてください。アパレス系は英会話が多い職場となるので、英語力を伸ばす環境としてはお勧めです。

日系レストランサーバー

日系レストランサーバー

TOEIC600点以上あるようでしたら、日系レストランのサーバーも可能です。日系レストランのサーバーは仕事にお客さんとのコミュニケーションが含まれるので、目安としてそのくらいの英語力が必要になってきます。サーバーになったら、英語を話す機会は増えますが、しばらく働くと、自分が同じような英語を使っていることに気が付きます。そのため、英語力を伸ばすという観点からみると、あまり期待できないかもしれません。

スーパーレジ打ち

レジ打ち

比較的採用は得られづらいです。スーパーのレジ打ちはお客さんとの対面になる且つ一日に応対するお客さんも多いので、比較的高い英語力が必要になります。英語力が無いと、そもそも採用されない職種と考えて良いでしょう。ちなみに私の知る限り日本人のレジ打ちは見たことがありません。

上級者(目安TOEIC750点~)

留学エージェント

留学エージェント

留学エージェントで働く人は日本人ですが、仕事に英語がたくさん登場します。語学学校やカレッジからの情報の確認を英語で行ったり、学校担当者との連絡を英語を使って行ったりします。また、ホームステイファミリーからの連絡もあったりするので、英語ができなければなりません。働く人は永住権保有者が多いですね。

旅行代理店

旅行代理店

旅行代理店も留学エージェントと同様に英語を使う機会が多いです。日系オフィスでの仕事と言えど、英語力はTOEIC860点以上が求められます。また、スピーキング力やリスニング力なども必要となるため、英語力は十分に備えておく必要があるでしょう。

空港チェックインカウンター

チェックインカウンター

チェックインカウンターはとても人気の職種なので、そもそも採用されにくいです。採用されている人は以前同業種の仕事に就いたことがある人または英語力がTOEIC900点以上ある人に限られてきます。英語力がTOEIC900点ほど無い人でも働いてはいますが、その人は学校経由で採用を得たカレッジ生である可能性が高いです。

空港免税店

空港免税店

空港免税店もチェックインカウンターのように人気の職業となっています。こちらの仕事も採用されにくいです。空港関係の仕事は人気があって採用されにくいのを覚悟のうえで、就活に臨むしかないですね。

レンタカー店

レンタカー店

レンタカー店は多くの留学生が働く職場の1つとなっています。電話応対も業務の一部であるため、電話での英語応対が十分にできる必要があります。

ローカル飲食サーバー

ローカル飲食サーバー

ローカルの飲食店でサーバーとして活躍するのは中々難しいです。TOEICでは900点以上が一つの目安となるかと思います。TOEIC900点の実力がある場合、他の仕事をしたほうが給与が高かったりするので、無理にローカルでサーバーをする必要は無いと思います。

ワーホリではほぼ無理な仕事 銀行テラー

銀行テラー

銀行テラーは99%無理です。私を含め前職が銀行員の多くの留学生が銀行テラーのポジションに挑戦していますが、成功者がいません。私の通ったカレッジのキャリアアドバイザーによると以前台湾人で1人採用された人がいるらしいですが、それは中国語が話せることが採用に結びついた要因ではないかとのことでした。日本語と英語しか話せない日本人はまず、無理と思ったほうが良いでしょう。(以前、銀行員の人にも聞いてみましたが、銀行は長期で働ける人材を求めているため、そもそも留学生を雇うのは稀ということでした。)

以上がバンクーバーで見つけられる仕事17選でした。私が実際に仕事探しをした中で得た情報や友人知人から聞いた話も含んで記事を書いてあるので、ある程度バンクーバーでの就職活動についての現状をお伝え出来たのではないかと思います。

その他就職活動の方法については下の記事を参考にしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました