Lが聞ける、発音できるようになる

L発音 効果的な英語学習
L発音

こんにちはMitsuです。

今回は皆さんがLの聞き取りができるように、また発音ができるようにLについてしっかりとまとめていきたいと思います。

L=ラ行?

まず、Lとラ行の関係についてですが、全くの別物です。

ただし、比較的似て聞こえます(笑)

では何が違うのかというとLの発音は舌を前歯の後ろに付けて発音するのに対し、ラ行は前歯よりも手前(上あご)に付けて発音します。

また、Lの発音時には舌を巻くことはありませんが、ラ行の発音では舌を巻いたりします。(例えばルやロ)

なので、

ライオンとLion

ライトとLight

ロスとLoss

などの発音は全くの別物と考えてください。

Lをキチンと認識できていない場合、LとRの音の区別がつかず、LongとWrongを間違えてしまう可能性もあります。LongとWrong全然意味が違うので、文章理解にも影響が出てしまいますね。

なので、Lを発音するときには舌を前歯の後ろにおいて発音して、正確な音が出せるようにしましょう!正確な音を発音できるようになると相手の発音するLも聞こえるようになります。

下に発音のエクササイズとしていくつかLの付く単語を並べてみました。

舌の位置に意識しながら単語を発音してみましょう!

発声練習

Lの音の練習としていくつか単語を並べてみました。ラリルレロの音が一つでも入っていれば、その発音は間違いなので、下の位置を再度確認して、発音を繰り返してみましょう!

Labor  

Lion

Luke

Lexus

Loss

また、参考となるYouTube動画もあったので、載せておきます。

自分のLの発音とYouTuberのLの発音どこに違いがあるのかを確かめながら聞きましょう!

The L sound| American English Pronunciation

コメント

タイトルとURLをコピーしました