ネイティブのゴニョゴニョ(もごもご)英語はなぜ難しい?/海外在住者の贈る英語の学習方法

ネイティブのゴニョゴニョ英語はなぜ難しい? 効果的な英語学習
ネイティブのゴニョゴニョ英語はなぜ難しい?

英語圏を訪れたことのある人はネイティブの英語が全然聞き取れない!という経験をされた方も多いのではないでしょうか?これはアクセントが大きく関係しているのですが、実際にどういう風に聞こえるのか以下のYouTubeをご覧ください。

【イギリス英語でインタビュー12】Exclusive Interviews of London West End Stars
The Cast Of "Full House" Answer Fan Questions

1番目の動画は完全なブリティッシュアクセントのインタビュー動画ですが、どうですか?聞き取ることはできましたか?私も大学生のころ、皆さんと同じように英語を学習していましたが、このブリティッシュアクセントには相当悩まされました。そもそもブリティッシュアクセントに関していえば、日本で学ぶ英語と違いが大きすぎます。ですので、アメリカに長年住んでいる人でも、イギリス人の話す英語は分からないという人は結構いるんです。

次に2番目の動画についてですが、こちらはフルハウスキャストのインタビュー動画です。こちらはアメリカ英語で比較的日本で学ぶ英語に近くはなりますが、それでもゴニョゴニョ聞こえて難しいという人は多いのではないでしょうか?

さて、上の動画で英語が分からなかった人は自分の力不足を痛感されていると思いますが、安心してください、あなたは今ここで、力不足を感じ、自分の勉強方法を変えるきっかけを得ることができたのですから、これから良い方向に進んでいくはずです!同じような経験をして苦しんできた私の経験を元に、なぜ聞き取れないのか、どうすれば聞き取れるようになるのかを以下でまとめさせていただきますので、是非参考にしてみてください!

なぜ聞き取れないのか?

英語が聞き取れない理由は複数存在します。そして、英語が聞き取れない主な原因は以下のようになっています。

音を理解していない/自分で正しい英語を発音できていない

ネイティブの英語を聞き取れない主要因となるのが、音の理解度不足です。先ほどの動画を視聴して音が全然わからないと思った方、あなたはまだ、英語の音を理解していません。英語の音というのはエー、ビー、シー、ディーの音だけではないのです。A=ア、B=ブ、C=クというように発音するものもあるのです。例えば、Crime(犯罪)の初めの音はクですよね?このように、英語の音というのは、使われる単語によっても変わってくるのです。そのため、アルファベットにどのような英語の音があるのかを知る必要があります。フォニックス学習と呼ばれる音の学習はまさにこの英語の音を勉強することです。英語の音がわかれば、聞こえる音も増え、聞き取りがしやすくなります。

また、聞き取る練習だけを行うことはまだ、音の学習において不十分と言わざるを得ません。本当に英語を聞き取れるようになりたいのなら、まずは、自分でその音を発声できるようになる必要がありあす。特に日本人はRの音、Wの音の発声に弱みを持っています。これらの音を正確に出せるようになれば、聞き取れる幅は広がってきます。

下の動画はフォニックスについての基礎動画です。他にもYoutubeを検索すると良質な教材となるような動画もあるので、検索してみてください。

Phonics Song 2

スピードに慣れていない

動画のネイティブの話す英語は皆さんにとって早かったでしょうか?しかし、実際のネイティブの下限なしの英語というのは、上の動画のようなスピードなのです。スピードに慣れるためには慣れが必要です。慣れるためには例えばBBCニュースを毎日英語で聞いてみたり、Youtubeで英語の動画を視聴することがお勧めです。なんにせよ、相当の数をこなす必要があります。少なくとも1日30分以上の動画の視聴をお勧めします。30分程度であれば、比較的モチベーション維持が容易なのではないでしょうか?

日本語に翻訳して理解している

英語を日本語に訳していてはいつまでたっても理解力は高まりません。日本語に翻訳する作業というのは、とても無駄な作業で、頭の中で時間のロスが生じています。英語は英語で覚えて、英語で理解して、英語で話すでなければ、イメージするような英語ペラペラには一生なれないのです。英語を英語で勉強する方法は別のブログ記事でもまとめてありますので、ご参考にしてみてください。

試験英語の勉強しかしていない

試験英語のメリットは音がきれいで、アクセントが少なく、スピードが遅いことで理解しやすいことにあります。一方のネイティブの英語はすこし音に幅があり、あらい印象を受けます。そのため、試験英語とネイティブ英語というのは似て異なるものと考えたほうがよさそうです。残念ながら、試験英語を長年勉強してもネイティブの英語を完全に聞き取れるようにはなりません。ネイティブの英語を聞き取るためにはネイティブの英語で勉強しなければならないのです、それも英会話のような手加減されたものではなく、Youtubeなどで聞くことのできる本物の英語で。もし、ネイティブの英語が聞き取れるようになれば、試験英語は簡単です。

自分の弱みを分かっていない

あなたは自分が苦手な音がどの音なのか理解して、その弱みを克服する努力を行っていますか?通常、多くの人は弱みの部分に目を伏せて、改善に取り組まないことが多いです。そのため、何年英語を勉強してもできるようになりません。自分の弱みの部分にフォーカスすることはつらい作業ではありますが、上達には欠かせない要素となります。どうせ勉強するなら、良くなる方法で、勉強していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました