【悲報】英語の電話が聞き取れないので対策してみた

英語の電話が聞き取れない 効果的な英語学習
英語の電話が聞き取れない

皆さんは英語の電話応対をしたことがありますか?したことがある方は分かると思いますが、通常の対面での会話に比べて難しく感じませんでしたか?実際難しいのですが、どうして、対面では英語が聞き取れるのに、英語の電話になると聞き取れないのか、また、どのようにすれば、聞き取れるようになるのか気になりませんか?今回は私の実体験に基づき、聞き取り力の伸びる方法をご紹介します。

対面で聞き取れる理由

対面で英語が聞き取れる理由
対面で英語が聞き取れる理由

視覚から情報が読み取れる

対面で聞き取りがしやすい理由としては視覚からの情報やそのシチュエーションからある程度推測が付つけられるというものがあげられます。人間は視覚からの情報収集に優れているので、話者の仕草やジェスチャーからある程度ストーリーを推測することができます。また、話している場所やシチュエーションも会話の中でヒントとなることが多いので、対面での聞き取りは比較的難易度は低いのです。

相手が気を使っているから

対面で聞き取れるもう一つの理由、それは相手が気を使っているからなのです。あなたも外国人が日本に旅行に来ていて、一生懸命に日本語を話そうとしているのを見ると、雑な対応はされないでしょう。同様に外国の方も相手の見た目や年齢、性格、ファッションなどから、その人がどんな人か推測しつつ、気を使ってゆっくり話してくれている場合が多いのです。

電話が聞き取れない理由

では対面で英語が聞き取れる理由を確認したうえで、なぜ電話になると途端に英語が聞き取れなくなるのかを見ていきましょう。

焦ってしまう

電話が難しい理由に焦ってしまうことがあげられます。そもそも対面ですら、英語の会話に慣れていないというのに、電話での英語なんてむり!という心理になり、焦って緊張することで、もともとの英語力を発揮できない可能性があります。これは、スポーツでも同じですよね!練習をあまりしてこなかったことって、試合になっても失敗するだけですよね。

雑音が混ざっている/音声を拾っていない

電話というのはそもそも本物の声ではありません。電波を通じて、音の一部を伝えているに過ぎないのです。そのため、対面では聞こえていた音が電話になると聞こえなかったり、電話の雑音が混ざっていたりして、さらに聞き取りを難しくしているのです。

長い文章を聞き取るのに慣れていない

電話では視覚からの情報収集および情報伝達ができないので、状況を伝えるために話が長くなる傾向にあります。よって、日常的に英語のニュースを聞いてトレーニングしていない場合などは理解が難しくなることが予想されます。

音を理解していない

音を理解していないというとイヤイヤ、学校でも英語は学んできたし、英語の試験で高得点を取っているからそんなはずはないと言われる方もいるかもしれませんが、実際はこのケースが多いのです。音を理解していない人は聞き取り云々の前に自分で正しい英語を発音することすらできていません。特にWの音は結構くせ者でしっかり発声ができていないと、Rの音と間違ってしまう現象が起こってしまうのです。WとRの音はWaとRaの発音をしたときに似た音になるのですが、これらの音の違いを頭の中で明確に抑えていないと音が聞き取れないのです。音に関しての学習はフォニックスといいますが、気になられたら、他のブログ記事でも紹介しているので、確認してみてください。

※英語と日本語とでは周波数が異なります。英語は子音(高い音)が多く含まれるので、言語的にカバーする音の範囲は広いですが、日本語は英語ほど音の幅がないので、聞き取れない音が多く存在するのです。

対策

発音が分からない
発音が分からない

上記を確認して自分がどの分野に弱みを持っているのかが分かりましたか?それではここからは聞き取れないに対してどのようにアプローチすれば、聞き取れるようになるのかをまとめていきます。

自分の発音を見直す

音を理解していないのであれば、まずは、音の発声から取り組んでみましょう!私はWとR、T、S、SHの音に弱みを感じていたので、これらの音を毎日練習しました。日本語を話していてはまず、子音だけの音というのは聞くことが無いのではないでしょうか。日本人の英語学習者の弱みは子音の音が理解できないことです。まずはこれらの音を自分で発生して、英語の一つ一つの音を意識して聞き取りをしてみるようにしてください!例えばTigerという音だとTとIとGとEとRそれぞれの音が聞き取れるような勉強をしたほうがいいです。

電話の音声を聞いてリスニングの練習をする

電話の音が聞こえないのは電話での聞き取りの練習不足の可能性があります。電話に慣れていないのであれば、電話の音声が録音された動画などをYouTubeで探して何度も聞きましょう!

ラジオを聴く

長文理解に慣れていないのであれば、無料アプリなどからポッドキャスト等をダウンロードしましょう!毎日聞き取りを行えば、それなりに力が付いてきます。ここで注意点ですが、リスニングは聞き流しでは絶対に伸びません!聞き流しは時間の無駄になるので、絶対しないでくださいね!意識して意味を聞き取るようにして理解していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました